混雑する時間帯

空いている時期を狙ってディズニーランドに行きたいけれども、やはり空いている時期の理由を考えると自分にも当てはまってしまいなかなかこの時期に行くことができないという人も多いでしょう。一番混雑する大型連休などにしか長期のお休みを取ることができない場合も多くあります。そんな時には並ぶ時間を短縮する方法などを知ることでより効率的に混雑で出来るだけ気にすることなく、パーク内を楽しむことができます。

人気のアトラクションの場合は何時間も並ぶことが予想されます。またパーク内のレストランでも混雑時は予約がなければ入れないこともあります。ですが全てにおいて言えるのが一日の中で混雑する波があるということです。

例えばアトラクションが一番混雑するのが14時~15時前後です。実はアトラクションを効率的に楽しむために必須となるファストパスは人気アトラクションの場合は早ければ午前中、他のものでも遅くても14時ごろには発券が終了してしまいます。つまりこれ以降はファストパスの発券が終了しているので混雑していても全てのゲストが並ぶ必要があるのです。お目当てのアトラクションは出来るだけ早くファストパスを発券し、それ以外では買い物や食事、パーク内の散策などを楽しむのも良いでしょう。

空いている時期は?

基本的にはやはり季節を問わず一年中多くのゲストが入場するのがディズニーランドです。一般的な遊園地であれば平日などの場合はいつでも空いていることが多いのですがディズニーランドの場合は少しだけ違います。基本的にはいつでも混雑していると思っていても良いでしょう。ですが中には空いている中で存分に楽しみたいとう人も多くいるので、まずはディズニーランドが比較的空いている時期について紹介します。

やはり混雑の具合は休日よりも平日の方が空いているのは確かです。一般的な遊園地ほどではないのですが、休日のディズニーランドに入場した経験がある人にとっては平日の方が空いていると感じ、回り易いでしょう。ですが平日であればいつでも空いているというわけではなく、季節によっても変わってきます。季節によっては平日なのにとても混雑しているという時期も出てきてしまうのです。

季節の要素も考慮して空いている時期を狙うのであれば、1月や2月の平日がおすすめです。もちろん一年の中で一番気温が下がるのも理由になるのですが、直接的な原因としては受験シーズンやレジャーオフのシーズン、大きな連休が少ないことなどとなります。またこの時期はパーク内の営業時間が短くなることも影響しています。営業している時間が短いことで午後から入場する人が少なくなるので全体的に空いている状態になるのです。

年末年始の出費が響く1月の第二週目などを狙うとより空いていることを実感することができ、逆に2月の中旬を過ぎるころには学生さんの入場が増えることで平日でも混雑する様になってきます。

ディズニーランドの混雑予想

東京ディズニーランドの一日の来場者数は年間入場者数を単純に平均すると一日で5万人ぐらいになると言われています。もちろんイベントやシーズンなど月によってばらつきはあるのですが、それでも毎日多くの人が国内外と問わず入場しているのです。東京ディズニーランドの公式ホームページには混雑予想カレンダーがあるのでスケジュールに余裕がある場合にはカレンダーを参考に入場する日を決めるのも良いでしょう。

ですがやはり多くの人は遠方から来ることも多く、混雑しがちな日取りになってしまうことも多いのではないでしょうか。そんな場合にはアトラクションなどのリアルタイム待ち時間を公式ホームページから確認することが出来るので出来るだけすいているアトラクションなどを狙って楽しむことで限られた時間で遊び尽くすことができます。

効率的にディズニーランドで遊ぶためにはまず公式ホームページをスマートフォンのホーム画面に追加しましょう。そしてパーク内ではファストパスを最大限に活用することで効率的に回ることが出来る様になります。ファストパスとはパーク内で無料でもらうことが出来るアトラクションの優先乗車券のことであり、その日に入園で使用したパスポートを発券機に通すことで時間が表示されたチケットが発券されるので一人一枚発券をして利用しましょう。また人気のアトラクションはやはりどの時間帯も混雑しているのでファストパスは欠かせないものとなっています。

ではディズニーランドの比較的空いている時期や時間帯を紹介しましょう。